ヤミ金相談 弁護士

ヤミ金相談は弁護士に

ヤミ金の相談

お金がなくて困っている時に、お金を貸してくれる。と言われるとつい借りてしまう。
という人もいると思います。

 

普通であれば銀行や消費者金融など法律を順守している金融機関で融資を受けるようにしなければなりませんが、
このような金融機関での融資を断られてしまい困っている時に、
お金を貸すと言ってもらえればやはり助かりますしつい借りてしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、このケースは間違いなくヤミ金からの借入です。

 

借り入れたその時にはほっとするかもしれませんが、
その後起こることを考えるととても危険な融資ということになります。

 

正規の金融業者であればまず考えられないしつこい取り立てをはじめ、
家族や職場に電話をして来たり、自宅のドアに張り紙をされたりなど、
その執拗な嫌がらせを受けてしまう可能性もあります。

 

もし、このようなヤミ金被害に遭っているのであれば、
まずはヤミ金対策を得意としている弁護士や司法書士に相談をしてみてください。

 

警察に相談をすることも大切ですが、警察は民事不介入といって
民事事件には介入することが出来ないと相談に乗ってもらえないケースもありますので注意しましょう。

 

ヤミ金の相談が一番いい方法は、ヤミ金に強い弁護士に相談することでしょう。

 

ヤミ金の救済

ヤミ金の被害に遭っている人が悩みに悩んで自ら命を絶ってしまった。

 

というような悲しい出来事が絶えることがないそうです。

 

もちろん、法律に違反しているということを知っているのにもかかわらず、
ヤミ金からお金を借りてしまった人も悪いのですが、
ヤミ金からしかお金を借りることが出来なかったというような人も多いそうです。

 

ヤミ金があるからこのような被害がでて、取り返しのつかない悲劇がおこってしまうのであれば、
これを救済することが出来るようになっていなければなりませんよね。

 

ヤミ金の救済は警察よりも弁護士や司法書士などの法律家におまかせをする方がいいそうです。

 

弁護士に依頼をすると代理人となってさまざま手続きを行ってくれます。

 

ヤミ金を相手に裁判を起こして訴訟をするようなことも可能です。

 

また司法書士に依頼をすると、裁判所に出す書類をつくることや法律相談などを行ってくれるため、
ヤミ金被害から給されます。

 

弁護士に比べると司法書士は代理人になれないために自分で行わなければならないことも多いですが、
その分費用が抑えられます。すべてをお任せしたいのであれば弁護士、
費用を抑え手助けが必要なら司法書士と、救済の手はありますので相談をしてみてください。

更新履歴